ローンが減るマイホーム|山下建設で住みたいが叶う|家族の夢を乗せて

山下建設で住みたいが叶う|家族の夢を乗せて

スーツ

ローンが減るマイホーム

男女

家賃収入でローン返済

マイホームと言えば日本人の多くがいつかは自分も持ちたいと思っているものですが、日本でマイホームを持つというのは簡単なことではありません。高額な買い物となるので諦めてしまう人も少なくありません。マイホームの購入を決めたという人でも、住宅ローンの借り入れを行うことが多いでしょう。そんな住宅ローンを減らすことが出来るのが賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅とはマイホームを新築する際に一部分を賃貸物件として貸し出すもので、その家賃収入で住宅ローンの返済を行うことで普通に返済するよりも早くローンが返済出来るとして注目されています。賃貸併用住宅はアパートやマンションと違って住宅ローンを組むことが出来るというメリットもあるため、普通の賃貸物件よりもお得になることもあるのです。

節税対策にも

マイホームは日本人の夢ではありますが、実際にマイホームを持つと様々な問題が起きます。その一つとして税金問題があります。マイホームを建てると固定資産税が発生するようになりますが、この固定資産税を安く済ませる方法として賃貸併用住宅を選ぶという方法もあるのです。賃貸併用住宅であれば普通にマイホームを持つよりも節税することが可能となるので、経済的に不安があるという人でもマイホームを持つことが出来ます。また、賃貸併用住宅は固定資産税だけではなく相続税評価額が下がるという特徴もあります。住宅も相続する際には税金がかかることになりますが、普通の住宅よりも評価額が下がるためにそれだけ相続税を低くすることが出来るのです。